これで効率UP!?レーザー脱毛を受ける際のコツ

脱毛効率は毛を抜きやすい環境で決まる

レーザー脱毛は半永久的な脱毛が行えると大変人気がありますが、どうしても費用面ではお安いと言い難い状況になってしまいます。よりレーザー脱毛にかける金額を抑えるためには、より脱毛の効率が高い環境を整えておく必要があります。例えば、少しでも毛が顔を出している状態にしてその毛をピンセットなどでつまんで立てておくようにすると、かなり脱毛効率を上げることができます。これだけで確実に単位時間あたりに抜くことができる毛の量が増えます。

肌環境を整えて柔らかい肌にしておく

毛を立てていたとしても、それが生えている肌が硬くなっていると脱毛効率は上がりません。レーザー脱毛は毛根を焼き切るためのレーザーを照射するための管を毛穴に挿入しますが、肌が硬いと管を上手く挿入できない上に、レーザーが毛根まで届かないことがあります。またケアが十分でない肌は埋もれ毛や縮れ毛が発生しやすく、こういった毛の毛根にも上手くレーザーが当てられません。レーザー脱毛の効率を上げるためには、しっかりと肌ケアを行って肌を柔らかくしておく必要があります。

事後のケアで肌荒れを防いで脱毛しやすい環境を整える

施術を行った後の肌ケアも、レーザー脱毛を受ける上では重要です。レーザーによる脱毛は少なからず肌に負担がかかるため1回の施術で完了させることができず、何度も受ける必要があります。また熱線を受けた肌は日焼けと同じような状態になっているため、しっかりとした事後ケアを行っていないと肌が荒れてしまい、以後施術を受けることができない状態になってしまいます。日焼けと肌荒れの事後対策を十分行って肌環境を整え、繰り返しレーザー脱毛を受けることができる状態に整えておきましょう。

初めて脱毛サロンを訪れる場合でも、医療レーザー脱毛なら安心ですから、誰でも気軽に施術を受けられます。