危険因子を除去する!心臓病のリスクマネジメント

心臓病は血管が鍵となる

心臓病は日本人の死因の中でも常にトップを争うような恐ろしい病気です。しかも、ある日突然心臓病を発症して、命を落としてしまうことがあるという点も、この病気の恐ろしさを教えてくれます。心臓病は一度発症してしまうとなかなか治癒することが難しい病気でもあるため、何よりも予防するということが大切な病気です。心臓病の予防をする際に最も大切なキーワードとなるのが、血管です。血管についての知識を深めることが、心臓病のリスクマネジメントとなるのです。

心臓病と血管の関係について

心臓は多くの欠陥に覆われています。中でも冠動脈と呼ばれる血管は心臓に血液を送っている血管であり、心臓にとってとりわけ重要な血管です。ほとんどの心臓病は、この冠動脈に異常が発生することによって発症するため、心臓病の予防のためには冠動脈をいたわる必要があるわけです。もちろん、冠動脈に関わらず、血管の健康は心臓病の予防につながります。血管が若く健康なままであれば、心臓病のリスクをかなり軽減することができるのです。

血管を若く保つためには

それでは、そうした血管を若く保つためにはどうしたらよいでしょうか。残念なことを、これをしていれば絶対に大丈夫というようなことはありません。血管を健康な状態に保つためには、要するに血管に負荷をかけないようにすることが一番なのです。血管に負荷がかかることといえば、たとえば高血圧や高脂血症、あるいは脂質異常症やメタボリックシンドロームなど、いわゆる生活習慣病と呼ばれるものです。すなわち、生活習慣を正しい基準にもっていくことができれば、ひいては心臓病の予防につながるということなのです。

僧帽弁閉鎖不全症と思われる症状があるならば、ただちに適切な医療機関を訪れて、診察を受けることが大事です。