豊かな胸が魅力的!?女性が手術に踏み切る理由

男性からの何気ない一言が一番の理由です

大きな胸は、女性らしい魅力の一つですね。豊かな胸にあこがれて豊胸手術を行う女性は少なくありません。しかし、「手術」ですから迷いはつきものです。バストアップマッサージやサプリではなく、手術に踏み切る理由、それは「男性の一言」にあるようです。あるクリニックの調査では、「胸が小さい」「大きいほうが好き」というような男性の言葉で、手術を決めたという女性が最も多かったそうです。もともとコンプレックスがあれば、その一言で傷ついてしまいますよね。

より美しくなりたい、きれいになりたいから

女性にとって胸は、異性にアピールするだけでなく、自分のプライドにも関わる部分です。たとえば目が小さいのがコンプレックスならば、化粧で大きく見せようとするように、胸も大きく、そして美しく見せたい、というのがオンナゴコロ。豊胸をするのも、誰のためでもなく、自分のために決心する、ということだってもちろんあります。豊胸手術はとても人気がありますが、より美しくなりたいという女性の心の中にある変わらない願望の表れなのかもしれませんね。

自分に自信を持つため、自分が変わるため

容姿などに自信がない、控えめだった方が、豊胸をきっかけとして自分に自信を持って、人生が180度変わる、ということもあります。それは豊胸でなく、整形だったり、何か別の経験であるかもしれません。しかし、女性にとって胸とは特別なものです。また、水着やドレスなど、デコルテ部分が大きく露出する服を着られるようになることで、ファッションが変わり、化粧が変わり、見た目が大きく変わります。豊胸自体が目的ではなく、「自分を変えたい、変わりたい」という1つの実現方法と言うこともあります。

豊胸は、美容外科クリニックなどの施術の中でも最も一般的なものとされ、シリコンや薬剤などを用いて、魅力的なバストを手に入れることができます。